弊社の玄米について

超高水圧加工玄米とは…

弊社が取り扱う超高水圧加工玄米は、天然由来の食物繊維を含ませた水溶液の中で
6000気圧もの水圧をかけ加工したものです。
6000気圧とは、1㎤あたりにつき6tの加重になります。
水溶液の中で加圧するため玄米の形は変わりませんが、
栄養成分が高密度化し消化吸収のよい玄米となりました。

軽自動車6台分ほどの圧力が掛かります

超高水圧加工装置(イメージ)

超高水圧加工することで…

1.腐敗菌の不活性化

一般生菌数:300/g  大腸菌数:陰性  芽胞菌数(耐熱球菌数):300/g以下

2.タンパク質、澱粉が78%糊化

火を使っていないのに78%炊けた状態になる。

3.本来、結合されていた栄養成分の結合が融け遊離

結合フェルラ酸が遊離フェルラ酸となり消化吸収のよい形に。

4.美味しい、食べやすい、調理加工しやすい玄米に

特有の穀物臭の緩和、パサパサしない、簡単に炊ける玄米に。

弊社の玄米について

pagetop

このページの先頭へ