さとやま食品について

”地産地消” ご当地グルメ創造のご提案

消費者の食による健康維持への関心が高まり、健康への有用性を前面に出した商品が市場に普及しています。
最近の研究により脳を活性化する栄養を含んだ食品を摂取することで、身体と心のバランスがとれ、健康維持に繋がることが解ってきました。

ご当地グルメの多くは観光客や他の地域からの来訪者を対象に商品化されているものが多くあります。当社は「食による健康維持(メンタル強化)」を目的とした商品を創造することで観光客のみならず地域住民にも採用されていくのではないかと考えています。

良いものだけでは市場は作れない

良いものを作るために、有識者を頼り様々な実験を繰り返すと莫大なコストがかかり商品も高額となるため市場を創造することは難しい。
地産地消を目指し、高品質の商品がたくさん開発されていますが、高品質で高価格帯の商品は、地元地域では売りにくい商品となっています。
結果として市場を観光客や都市部に求め、輸送費など更なるコストが必要となり、低予算に陥るケースが多く見受けられます。

地域住民の為の商品

薬食同源というように。近年、食による健康維持は関心が高まっています。
地域にはその土地ならではの良い食材がたくさんあります。
その良さは、地元地域住民が一番良く知っています。
形が悪く外部に出荷できない作物や、収穫量が少なく地域で消費してきた農作物を中心に健康維持に着目した商品を開発することで地産地消の量が拡大し地域振興に繋がります。

特殊食品加工技術を開放

さとやま食品では、(株)エリーゼの超高水圧加工の加工受託を受け付けております。
玄米に超高水圧加工を施すことで、認知機能低下の抑制や骨密度の上昇、集中力UPなど様々な効果が期待できます。
長期間をかけ健康への有用性を研究し、エビデンスや調査結果のある技術です。
地元地域の玄米に超高水圧加工処理を施すことで機能性を高めた素材になります。

さとやま食品について

pagetop

このページの先頭へ